イベント情報館.com

季節ごとのイベント・行事などの催し、流行のファッション情報などをお届けします。

*

洋風おせちとは?おせちの由来もご紹介!

   

osechi

みなさんは、今年のおせちはどうするかもう決めましたか?毎年おせちはどのようにするか非常に迷うものですよね?そこで今回は洋風のおせちやおせちの由来についてご紹介しましょう。おせちのゆらいについて知っておくことにより、今まで以上におせちを美味しく食べることができますよ。食べるだけではなく、知って楽しむこともできるおせちについても見て行きましょう。

image_2012osechi

何と非常におどろくべきことなのですが、おせちは弥生時代から始まっていたそうです。そんなに古くからおせちはあったのですね。まさに、日本人と切っても切り離せないのがおせちであると言えるでしょう。日本における古くからのおせちの意義についてですが、お祭りと同じように、お米や穀物の豊作を神様に感謝するの習慣としておせちはあったようです。今では、1月の1日に食べることが一般的になっているおせちですが、元々は年越しそばのように、年末から新年にかけての間に食べていたようです。

洋風おせちについて

みなさんの中のおせちといえば、黒豆やエビ、数の子や昆布巻きなどのおせちが一般的だと思います。しかし、最近人気なのが、洋風おせちです。これは、従来のおせちの内容ではなくて、その、内容はサーモン、いくら、金箔、エビとタマネギのマリネなど、従来とは違った内容になっているのです。また、大手デパートや人気のインターネットショップでは、有名なイタリア料理のシェフなどがプロデュースしているおせちがあり、まさに、最近は西洋おせちの人気も上がってきているのです。洋風のおせちにも色々と種類があり、今までのおせちと洋風のおせちが組み合わさった、おせちや、中華と洋風のおせちが半々のおせちなどもあるようです。今年のおせちは今までのおせちと違って西洋おせちを注文してみてもいいかもしれませんね。

また、このことも意外と知られていませんが、おせち料理を漢字で書くと「御節料理」となります。通常のおせちはお重に入れるのが慣例ですよね。これは、おめでたいことなので、重ねて縁起を担ぐという意味になります。おせちを何段に重ねるのかについてはその地方によって段数が違うようです。エビには魔除けの意味が古くからあり、おせちには欠かせない食材になっています。数の子は子沢山を祈願して入れられた食材になります。

今回の記事ではおせちの由来や西洋おせちについて見てきましたがいかがでしたか?お正月はめでたい日なので、家族でそろって正月を祝うようにするといいかもしれませんね。

20101115120953_fc84e264

 - グルメ

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桜餅を炊飯器で水の計量なしで作ろう!!

桜餅を自宅で作ろう★水の計量必要なし!   皆さん、春がやって来ました …

きのこの簡単レシピ!美味しい秋の味覚

秋の味覚と言えば松茸をはじめとした「きのこ」!マツタケ・シイタケ・エノキタケ、エ …

香箱蟹の2014年解禁日、まさに冬の味覚の宝石箱!

今年の冬は香箱蟹がおすすめ! みなさんは、香箱蟹という名前のカニを聞いたことがあ …

子供用の運動会や遠足に!お弁当のおかず簡単レシピ

お弁当を作るのって難しい…。 そんなお悩みをすっぱり解消! 行楽シーズンの秋到来 …

バーミキュラ鍋とは?無加水鍋、無水調理のホーロー鍋

購入まで3ヶ月待ち!無加水鍋「バーミキュラ鍋」って何? 世界中で注目されている鍋 …

ロシアンティーとホットワイン!簡単レシピと作り方

今年の冬におすすめなのはホットワインとロシアンティー みなさんは、ロシアンティー …

七草粥は炊飯器で簡単!由来やレシピ

おいしい七草粥のレシピご紹介 突然ですが、七草粥(ななくさがゆ)はみなさんお好き …

越前かに祭り解禁!茹で方、食べ方など。

皆さん、越前かに祭り、って聞いたことありますか~? このいかにもおいしそうなイベ …

寒い冬は心も体も鍋で温まろう!人気の鍋レシピ

冬は鍋!手軽でおいしいレシピを紹介! みなさんは鍋を毎日の食卓で食べていますか? …

お彼岸と、おはぎの作り方

お彼岸のおはぎをもっとおいしく味わうために 甘くておいしい「おはぎ」。 これをも …