イベント情報館.com

季節ごとのイベント・行事などの催し、流行のファッション情報などをお届けします。

*

紫外線で目も日焼けする?そして、病気と影響は?メガネ、サングラスで対策できる。

   

sun (1)

 

実はあまり知られていませんが、紫外線は肌だけでなく、目にも悪影響なのです。直接肌に影響がなくても、目から紫外線の影響を受けてると、肌の日焼けになるんです。実は目の予防することも、肌老化を抑えることにつながるんです。

Sponsored Link

紫外線による目の影響は?


目は、入ってくる光を感知して、脳に伝える働きをします。目は、外部にさらされているため、直接的にダメージを受けやすい部分です。蓄積されたダメージは眼病を起こし、目の老化を促進させてしまいます。紫外線による眼の影響は、急性の紫外線角膜炎慢性の翼状片白内障などがあります。

zukai-eye

 

〈角膜炎〉

角膜炎は、目に強い紫外線を浴びると、黒目の表面に傷がつき、炎症がおこります。そして、目の充血や、目の痛み涙が止まらないなどの症状が「紫外線角膜炎」という病気です。

〈翼状片〉

白目と黒目の境界線が、紫外線で傷つき、その防御反応などで、白目の組織の細胞が異常に増え、黒目に食い込んでしまいます。この症状が「翼状片」という病気です。※(初期症状がは、充血や、異物感、ドライアイ、眼球疲労などが現れてきます。)

〈白内障〉

紫外線の多くは、角膜で吸収されます。でも、紫外線の波長によって、目の奥の水晶体や網膜まで達してしまい、水晶体のたんぱく質に変化が起こり、水晶体が濁ってしまいます。この症状が「白内障」という病気です。※(症状が進むと、失明の危険もあります。)

目にも日焼けやシミがはできるの?


 

シミというのは、紫外線を浴びて、シミの原因である、メラニンがつくられることです。だから、目から入った紫外線の刺激でも、体内で「メラニンをつくれ」という働きがでると、メラニンはつくられます。

更に、外で遊んでたり、プールや海にいったりして、「目が痛い」なんてことないですか?!それは、目が日焼けしてるんです。

★紫外線で目が痛い時の対処法。


・目を冷やすことが大事です。

濡れたタオルなどを目の上にのせて、10分~15分程冷やすしてください。そうすることで、少しは痛みがマシになります。

・目の日焼けに効果のある目薬をさすことです。

・硫酸亜鉛

・グリチルリチン酸ニカリウム

・イプシロンーアミノカプロン酸

などが配合された目薬です。

「ロートUVキュア」「バイシンUV」とかのように、紫外線による炎症や充血をケアするための目薬を使うと良いです。※(「UV」と書いてる目薬です。)

★目の紫外線対策はこれ!


 

〈サングラスをかける〉

子供から大人まで。サングラスは、一番目を保護できます。肌に密着したものや、レンズの大きいものUVカット率が高いものがオススメです。そして、色の薄いものを選びましょう。※(色の濃いものは、瞳孔が開き、目にたくさんの紫外線が入ってしまうため!!)

〈コンタクトレンズをつける〉

コンタクトレンズを選ぶ際は、紫外線をカットできるものを選ぶことが大事です。そして、色の薄いものを選びましょう。※(サングラスと同じです。)

〈帽子をかぶる〉

誰でも簡単にできる帽子をかぶることです。ポリエステルの素材には、UV‐Bを吸収する効果があるのでオススメです。しかし、汗を吸収しないので長時間は大変です。※(UVカット素材、つばの広いものがオススメです。)

★美肌対策の一環として


 

日焼け対策の現状は、「顔(肌)」87,1%に比べて、「目」の対策34,5%というのが実情です。目のケアをしている人が少ないということです。日焼け止めを塗っているから大丈夫と思っている人が多いです。美白アンチエイジングのためにも、できることから心がけましょう。

★まとめ


 

目の病気もこわいですが、シミとかができて、美肌を無くすことはもっと悲しいです。是非、参考にしてください。

 

 

 - おでかけ, お役立ち

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ツムラの漢方薬葛根湯は妊婦、授乳中でも大丈夫?副作用は?

皆さん、葛根湯ってご存知ですか? 名前は聞いたことはある人も多いはず。一度葛根湯 …

どうしよう、結婚式にお呼ばれしたのに何から準備をすればいい?前日までに済ませたい4つのこと

1.服とバッグと靴とアクセ。結婚式にお呼ばれしたらまずはこのサイトをチェック! …

滝汗事情最前線 大量の汗を緩和する汗かきさん必見のツボ、漢方療法と運動方法

多少の汗は代謝です。でも汗をかきすぎるのは困りもの。とっさの汗を抑えたいときには …

節分いわしの風習、由来、いつまで飾る?

皆さん、「福はうち、鬼はそと」といえば節分ですよね? そうです、豆まき。では、そ …

食費や生活費を抑えた、節約術は?楽しい一人暮らしのためにできること。

一人暮らしをすることで、生活する大変さを知ることになります。実家では、当たり前の …

送別会の準備、何が必要?進行方法は?

  社会人になると、送別会が行われる回数が増えてきます。 では、送別会の準備は何 …

赤ちゃんの脱水症状とは?症状と見分け方が気になる!母乳で水分とれる?対処法と予防を紹介。

 これから暑い日が続いてくると、心配なのが、子供の脱水症状ですよね。話せるぐらい …

五月人形のギモンを徹底検証!端午の節句に五月人形を飾る期間、場所、方角まとめ

1.五月人形はいつからいつまで飾るもの? 節句は季節の節目です。春分の日(3月2 …

食べ物でむくみを解消できる。お茶や漢方も良い?マッサージの解消法も紹介。

 女性なら、ほとんどの人が、゛むくみ゛に悩まされますよね。むくみがあるので、履き …

自衛隊の階級とは?自衛隊の募集時期は?

自衛隊の階級、自衛隊の募集時期 さて、前回の記事で、自衛隊のお仕事、種類、お給料 …