イベント情報館.com

季節ごとのイベント・行事などの催し、流行のファッション情報などをお届けします。

*

バーミキュラ鍋とは?無加水鍋、無水調理のホーロー鍋

   

購入まで3ヶ月待ち!無加水鍋「バーミキュラ鍋」って何?

main_boni

世界中で注目されている鍋があります。その鍋の名前は、「バーミキュラ」という鍋になります。これは、凄いですね。ではその鍋について見ていきましょう。バーミキュラ鍋という名称を聞いて、なんだか海外の企業が開発した鍋を思い浮かべる人もいるのかもしれませんが、実は日本の愛知ドビーという会社が作っている鍋なのです。この鍋の特徴は、何と水がなくても野菜を調理することが出来る(無加水鍋)というのです。これは一体どういうことになのでしょうか?

そもそも、通常の鍋で水を使わずに調理をすると、鍋がこげてしまいます。一体どのような仕組みになっているのでしょうか?

その仕組みは熱の伝わり方にあります。日本の職人が一つ一つ手作りで作成しており、ホーロー3層加工にすることにより素材への熱の伝わり方と保湿性が生まれるのです。鍋の底の部分はリブ加工がなされており、このことにより、素材に適切な熱量を伝えることが出来るのです。 さらに、テーバーエアタイト構造を採用していますので、鍋の密閉性も抜群です。これらの鍋の構造が無水調理を可能にしているのですね。何と調理する素材の発する蒸気で素材を蒸すという状態になるそうです。そのことにより、味の美味しさ、素材本来の味が引き出せるそうですよ。

1278647112_photo - コピー (3) - コピー

Sponsored Link

これがおすすめ!バーミキュラ鍋ならではのレシピ!

01_px500

無加水鍋「バーミキュラ鍋」を購入することによりできる一番のおすすめレシピである無水カレー調理法をご紹介しましょう。まずは、バーミキュラ 鍋に野菜や鶏肉をそのまま入れます。その次に、水を入れずに煮て下さい。これは驚きですね。バーミキュラ鍋で水を入れずに野菜と鶏肉を煮ると、素材から水分が出てきてその水分でカレーを作ることが出来るのです。これは凄いですね。その後、カレーのルーを入れて塩コショウで味を調整すれば完成です。簡単ですよね。通常の鍋では作ることが出来にくい、無水カレーをみなさんもバーミキュラ鍋を使用して作るようにしてみてはいかがですか?

次のおすすめレシピはポトフです。こちらも好きな野菜と肉を入れて水を入れずに30分程度煮るだけ。素材から出る水分でおいしいポトフが作れちゃいます。簡単ですよね。無水調理の特徴はその調理する素材の持つ本来の味が出せるということです。さらに嬉しいことにバーミキュラ鍋はIHクッキングヒーターなどにも対応しているのです。これは凄いですよね。今は注文してから約3ヶ月で手に入る用になったようです。何と以前は15ヶ月待ちだった時もあるようですよ。みなさんもバーミキュラ鍋を使用して見てはいかがですか?

 top_mainimage01 (1)

 - グルメ

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

京都祇園祭 2016年度版開催日程ほか 山鉾巡行の見どころはココ!

京都祇園祭の山鉾巡行 歴史と様子、見どころダイジェスト!   百聞は一 …

酒粕 の人気お菓子は栄養たっぷりでヘルシー!

皆さん、酒粕を使ったお菓子は今、ダイエットにも効果的で話題になっているのをご存知 …

七草粥は炊飯器で簡単!由来やレシピ

おいしい七草粥のレシピご紹介 突然ですが、七草粥(ななくさがゆ)はみなさんお好き …

栗の渋皮煮の作り方、レシピ紹介

さて今回も秋の味覚の楽しみ方を取り上げてみたいと思います。秋の味覚と言えば、ぶど …

お歳暮の時期、人気ランキング、伊勢丹、イオン、三越、阪急のお歳暮

お歳暮とお中元とは? 実はお歳暮とお中元は非常に違いがあるのものなのです。その違 …

寒い冬は心も体も鍋で温まろう!人気の鍋レシピ

冬は鍋!手軽でおいしいレシピを紹介! みなさんは鍋を毎日の食卓で食べていますか? …

おうちでひとりごはん。安くておいしい男の簡単料理、忙しい主婦にもオススメレシピ!

1.一人暮らしに最適!簡単おいしいのに低予算で作れるメニュー5選   …

桜餅を炊飯器で水の計量なしで作ろう!!

桜餅を自宅で作ろう★水の計量必要なし!   皆さん、春がやって来ました …

越前かに祭り解禁!茹で方、食べ方など。

皆さん、越前かに祭り、って聞いたことありますか~? このいかにもおいしそうなイベ …

目黒さんま祭り2014年のお奨めスポットなど。

目黒のさんま祭りイベント情報 『目黒さんま祭り』って何? 目黒さんま祭りは、毎年 …